アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「注目のブログから」のブログ記事

みんなの「注目のブログから」ブログ


★八月の濡れた砂・・・日航機墜落事故から22年目に想う

2007/08/20 02:00
ごきげんよう!

日本の片隅で「バカ!」と叫ぶから
実は、このサイトを見るとエラーとなってしまう。
今後は、リンクの「注目のブログ」からを参考にしていただきたい。

>2007年08月12日 11時07分31秒

八月の濡れた砂・・・日航機墜落事故から22年目に想う

「いつも犠牲になるのは市井(しせい:一般市民)だけ・・・
“○○へ何千人を派遣!”と机上で能書き垂れている輩が前線で戦うことはない。
TOPの一存で海外の戦闘地域に派遣される隊員だって同じ市民・・・
夫を、息子を、恋人を当然のように召集され、捨て駒のように戦場に送られる市井の気持ちを考えたことがあるのか・・・
最近は再び右傾の世の中になりつつあるが、そんなに戦争がしたいなら、先ず軍国主義者が戦場に行け!」

これは昨夜の「オーラの泉」の中で三輪明弘 さんが語っていた言葉だ。
一言一句は正確ではないが、多分その要旨は間違っていないと思う。
名指しこそしなかったものの、平然と軍国主義回帰を公言する安倍普三及び「寄らば大樹の陰」蔓延の自民党腑抜け議員とエセ法華党を指していることは誰にでもわかる。
「口頭了解OK?」という小泉前総理の米国ケツ舐めによって始められたイラクへの自衛隊派遣。
既に数名の犠牲者が出ている“らしい”のに、その情報は「休暇中の事故死」ということで内密処理され明らかにされない。
それを明るみにしたら「自衛隊がいるから非戦闘地域なのだ!」との小泉前総理の国会答弁を覆すことになるからであり、今月末の国会で論議される“テロ特措法”どころの話ではなくなるからだ。
そして“真実のイラク情勢”を報じようにも、渡航禁止によって日本メディアの独自取材は不可能。
例え情報を入手しようにも閣僚を「死人に口なし」にする闇稼業と縁の深い某党のこと、小泉劇場をはじめバカ騒ぎ一列横隊の腑抜けメディアに報道規制かけるなんぞは朝飯前だ。
それでもテロ特措法が重要だというなら、大した仕事もしないのに呑気に夏休みなんて取っている場合じゃないだろう?
少なくとも、「国民の為に政治に空白を作ってはならない!」と民意を無視した安倍総理続投を支持する自民党議員は、どう間違ったって夏休みなんて取れないはずだろうに・・・・・。
国会を放り投げて米国ケツ舐めに出かけた“毒婦小池百合子”は勿論、
閣僚が外遊という名の海外旅行なんぞに税金を浪費してる暇なんて無いはずだ。


今日は520人が亡くなった日航ジャンボ機墜落事故から22年目 の日だ。
広島原爆記念日、長崎原爆祈念日、及び終戦記念日を含めると、日本人の心に遺こるこれらの大きな事件事故が8月ということに必然性を感じないわけにはゆかない。
地域や宗派で微妙な違いはあるが、先祖や志半ばで逝った霊を自宅へ招き短い時間を共有するお盆のこの時期。
一年の中で最も命について考えることが出来るこの時期にこれらの事件事故があるのは、日本人が“平和”と“人命の尊さ”を世界に訴える役目を天から授けられているからではないだろうか。
皆と違うことを言うのは勇気が必要だ。
「正義の戦争だ!」と学校の先生も親も世間の皆が叫んでいる中、「それは違うのでは・・・」と疑問を投げかけただけで「非国民めが!」と弾圧されたのが先の戦争。
その結果が広島・長崎を含む無差別大量殺戮と、内外での多くの国民の犠牲だった。
勿論、隣国に対して行った行為も・・・・・。
それらの歴史を冷静に顧みることもなく、米国主張の「正義の戦争」に加担しようという安倍軍国主義回帰内閣。
ケツ舐めも日米友好も糞味噌一緒の安倍自民党だが、
日本の国連常任理事国入り反対を主導した張本人が米国なら、
従軍慰安婦決議案を議決したのも米国ということに何を思うのだろうか。


日航ジャンボ機墜落事故の話に戻るが、
川上(旧姓)慶子さん の奇跡にリアルタイムで感動していた私としては、
この記事の扱いが年々縮小されていることに危機感を覚えます。


叫ぶさん、ありがとう!

ではまた!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


★「これからは私をマダム鳥兜とお呼び!」 by 小池毒百合〜(((゜д゜;)))

2007/08/15 06:45
ごきげんよう!

日本の片隅で「バカ!」と叫ぶから

>2007年08月11日 08時28分07秒

「これからは私をマダム鳥兜とお呼び!」 by 小池毒百合〜(((゜д゜;)))

「自分探しの旅をしている変な神様とのサッカーから帰国すると批判の嵐、
包茎手術の専門家に精神鑑定してもらったら鬱」・・・ということで昨日は更新出来ませんでした!?
弟子のマンションに“三顧の礼”を尽くす親方に「バカ、マヌケ、腑抜け!」と叫んじゃいけません。

さて、甘い匂いのする方角を見つけては政党を渡り歩くことから“政界渡り鳥”と呼ばれた小池毒百合。
今度は国会と防衛会議を放り投げて米国ケツ舐め旅行に出かけたと思ったら、「私は日本のライス長官と呼ばれているのよ」とホラ吹きのオンパレード。
このホラ吹き婆めが! 誰もそんなこと言ってねえぞゴラッー!
挙句の果てには「マダム寿司と呼んでね〜」 だとさ・・・・・・。
オメエは“蝙蝠婆(こうもりばばあ)”・・・いや、“マダム鳥兜(トリカブト)”
だ。
山拓さんから批判されている ようじゃ笑い話にもならないが、 
オマエに姉妹と言われたライス長官も迷惑してるよ。

・・・・・はい? 日本にはそんなこと抜かすバカはイネエよ。
「政界渡り鳥」、「小池毒百合」、「政界の蝙蝠女」、「マダム鳥兜」と呼ぶ良識人は多いが・・・・・。

ところで、内閣発足時点で中国と手打ちした安倍総理は論外として
『安倍内閣の全閣僚が終戦記念日に靖国参拝しない』 という、
“美しい国”から豹変した安倍内閣の珍事に関係者も拍子抜けのよう。
「総理、官房長官、外務大臣以外の閣僚の参拝は批判しない」という中国政府の声明があるのに、閣僚の誰一人として参拝しないのは逆に「自民党は信用できない」と言っているようなもの。

本気で喧嘩しようとしない人間を中国人は信用しないそうだが、

それは何も中国人の専売特許じゃない。

コロコロ主張を変える輩の言うことなど信用出来るわけがない。
「私の信条だ」とは塩崎患房長官だが、広島と長崎の原爆の日を前に
「原爆は多くの日本人の命を救った」(米国要人)への抗議を拒否したオマエに信条なんてあったのかよ。
「他国に言われる筋合いではない」と言い続けて来た高市早苗もとんだ腑抜け。
「毎年参拝して来たから今年は行かない」とでも言うのか?
外遊を名目に靖国から逃げるこの腑抜けども に国政に関わる資格は無い。
“人心一新”が本当なら、コイツラに遊びに来られた側の国だってエライ迷惑とは思わないか。
だって、コイツラが何言ったって事実上の死体閣僚。
そんな死体閣僚の“口からでまかせ”を本気で信じるバカはいないよ。
ちなみにコイツラ閣僚一人当たりの海外旅行に係る経費を知ってるかい?
訪問先と滞在日数にもよるが、1,000万円〜2,000万円だそう。
金魚の糞・・・、いやそれぞれの同行者御一行にも旅費は勿論、小遣いまで税金から支給される。
「何が財政再建だ! 何が改革だ!」と思わないか?

話は前後するが、“美しくない内閣”の閣僚の靖国参拝拒否の報に、
「24時間軍歌が流れる社内で軍服姿で執筆してるのでは?」と噂される惨経新聞は何を思うのだろうか。
そんな頭の悪い右巻き機関紙が“長崎平和宣言 「北の核」への警告を評価” とは笑ってしまう。
“戦争大好きメディア”に評価される筋合いの話じゃないのだよ。
元々の頭の悪さに加え酷暑も手伝ったのだろうが最後に言うことが、
「北の核放棄に向け、韓国の盧武鉉大統領がどこまで北朝鮮の金正日総書記を説得できるかが最大の焦点である。」なんだそう。
おいおい、本当にプロのジャーナリストが書いているのか(笑)
日本は拉致事件だけ声高に叫んでいれば良いと思ってるのか?
何とかの一つ覚えを繰り返す安倍総理のヨイショするのは勝手だが、
拉致事件解決に向けた進展が無ければ他の協議に向き合わないというのは朝青龍の我がままと同じ。
「日本の主張は以前の北朝鮮と同じじゃないか?」と他国から揶揄されたら、それこそ拉致事件被害者の全員救出はおろか、北朝鮮が主張する「拉致事件は解決済み」で幕を下ろされてしまう事には気づかないのか。

追記:マダム鳥兜こと小池百合子防衛相の疑惑

1.小池百合子氏に受注企業献金

  環境相時代、100万円 05年総選挙直前 公選法違反の疑い


2. 小池防衛相:「神戸の港湾組合、震災支援を阻害」発言


叫ぶさん、ありがとう。

ではまた!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


★銭になるイカサマ環境対策車と格差車会

2007/08/10 07:37
ごきげんよう!

日本の片隅で「バカ!」と叫ぶから
http://ameblo.jp/nakasan1960/

>2007年08月08日 06時55分54秒

銭になるイカサマ環境対策車と格差車会

テーマ:車・周辺パーツ

新車が売れないという記事をどこかで読んだが、
やはり政府自民党が自画自賛するほど景気は良くないことの証だろう。
今月に入りガソリン価格も平均5円前後上昇したようだが、本当に景気が良ければその程度のことで新車販売ランキング 上位を軽が占める事は
ないだろう。
まあ、小泉鈍一郎&竹中屁蔵による洗脳で自分を“勝ち組”と信じてる方は車検やモデルチェンジの度に買い替え、中古車市場に安くて高品質のタマを増やして下さい。
格差社会は中古車市場も例外ではなく、ローンが払えなくて引き上げられた新車同然の車と、以前はスクラップ扱いされていた車歴10年前後のタマが多くを占めているのだから
・・・・・。


>2007年08月07日 12時32分23秒

流石、偽装国家日本の国技・・・朝青龍、深夜の診察

テーマ:ニュース

メンテナンスの度におかしくなっているアメブロに更新の意欲が落ちてきた。
損も得もないランキングなんて普段は気にしちゃいないが、

最近のそのメチャクチャさは、あまり気持ちの良いもんじゃない。
ビジュアル面をコロコロ変更するより、サクサクと動く環境を構築して欲しいもの。
ところで、昨夜に更新した記事が消えているのは何故?
そんなに不味いこと書いた覚えは無いのだが真夏の夜の夢というか奇々怪々というか
・・・・・。


叫ぶさん、ありがとう。

ではまた!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


★日本では報じない自衛隊の爆弾投下訓練

2007/08/10 07:33
ごきげんよう!

順番が違って申し訳ない。

津久井進の弁護士ノートから

>日本では報じない自衛隊の爆弾投下訓練

明日は長崎原爆の日。
原水爆の廃絶を世界に訴える日です。
日本人は,世界に向けて,日本の平和主義をアピールする日であると受け止め,そのことを疑っていません。
私も,一人の日本人として,日本の積極的非暴力平和主義を誇れる日であると理解していました。

ところが,アメリカや,北朝鮮では,日本の自衛隊が,北朝鮮を想定して,爆弾投下訓練を行ったという記事が大きく報道されているようです。

下記の記事中にもありますが,

  ・北朝鮮のミサイル実験はトップニュースになるのに,

  ・日本自身が行った軍事的牽制は,国民に知らせない,

というのはオカシイのではないか,という指摘はごもっともです。

http://www.ohmynews.co.jp/news/20070801/13676からの引用です。
航空自衛隊の爆弾投下訓練 グアム島で「ニューヨーク・タイムズ」の報道はなぜ、日本で伝わらないのか
(難波友莉 2007-08-02 05:00)

 「ニューヨーク・タイムズ」は7月23日(現地時間)付の1面と6面に「連日の爆弾洗礼、日本は軍事力抑制から抜け出す」と題した記事で、自衛隊が6月、グアム島から240キロメートル北方の孤島で500ポンド(約227キログラム)爆弾を投下する訓練を行ったと報じた。

 爆弾投下訓練は、6月10日から23日までの14日間にわたって、航空自衛隊がグアム島アンダーセン空軍基地やファラロン・デ・メディニラ空対地射場などで実施していた日米共同訓練(コープノース・グアム2007)の最終日に実施された。

 この訓練に、航空自衛隊は第3航空団(三沢基地)のF−2戦闘機8機、警戒航空隊(同)のE−2C早期警戒機2機が参加していた。

 訓練内容は、日米で戦闘機戦闘・防空戦闘・空対地射爆撃の演練であった。グアムでの日米共同訓練は今回で8回目、国外での航空自衛隊の実弾空対地射爆撃訓練は、今回が3回目である。

 同紙の報道によると、爆弾投下訓練は、北朝鮮を想定して行われたと見られている。訓練内容が、グアム島から240キロメートル離れた孤島への爆弾投下と、そこからの帰還だったため、北朝鮮のある場所に爆弾を投下し、帰還するという想定で行われた、と考えられているという。

 「ニューヨーク・タイムズ」のこの記事を受け、「朝鮮日報」も大きく取り上げた。

 しかし、なぜ当事者である日本では、全くこのことが報じられないのか。防衛省や自衛隊で確認ができないことなのか。私はとても恐しく感じている。

 北朝鮮のミサイル実験は、トップニュースになり、日本への挑発だと繰り返し報じられるのにも関らず、自分が行った軍事的けん制は、全く国民に知らせていない。

 「ニューヨーク・タイムズ」の1面トップを飾るくらいなのだから、この報道の
ニュース価値は高いはずである。にも関らず、TVや新聞でほとんど取り上げられない、というのには、何か背後に問題があるのではないかと考えざるを得ない。

 政府は、愛国心教育の推進や仮想敵国を作り上げることで、国家統制を図ろうとしているが、このままこのような報道格差があれば、本当に日本は戦争国家になってしまうのではないだろうか。実際北朝鮮を脅威に思っている日本人は多いが、日本の自衛隊の軍事力を脅威に思っている人は少ない。

 軍事的タブーを破り始めた日本の自衛隊の行動について、

 「北東アジアの安全保障の軸を、日本に任せようとする米国の戦略的支援によるもの」

と「ニューヨーク・タイムズ」は指摘する。

 「集団的自衛権」についても、アメリカからの圧力が強い。改憲論が、議論の中心になってきている今だからこそ、日本が戦争国家にならないために、私たちは目を光らせ、日本の軍事力の暴走を止めなければならない。

ついでですが,先日,元自衛隊の方のブログが突然消えた件がありました
なので,防衛省の「情報保全隊」に隊員やその家族の思想調査部署を作ることになった,というニュースにも,敏感にならざるを得ません。

産経新聞(8月4日21時54分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070804-00000912-san-polからの一部引用です

防衛省「情報保全隊」に隊員・家族の思想調査部署

 防衛省が来年度設置を目指している防衛相直轄部隊「情報保全隊本部」に、隊員とその家族の思想信条などの情報収集を主任務とする部署を置くことを計画していることが3日、分かった。
 海上自衛隊のイージス艦中枢情報流出事件を契機に情報漏洩(ろうえい)防止が求められるためだが、自衛隊制服組などから反発する声も出始めている。(中略)

 特に、外国籍の配偶者の有無など隊員の個人情報については、陸海空自衛隊とも「すでに把握済み」としており、情報保全隊本部への情報提供について慎重な意見や否定的な姿勢をみせる動きも出ている。


>本を出しました〜「災害復興とそのミッション 復興と憲法」

 本を出しました。
 今日(8月4日),私の手元に初版本が届きました。

 できたてで湯気が立っているように見えます。

 手にして読んでいただけるとありがたいです。
 (テーマがかなり地味ですから,あんまり書店で並んでいるとは思いません。お声掛けいただければ,お届けします。)

 災害復興とそのミッション
   〜復興と憲法

  片山善博 ・ 津久井進 著

  (クリエイツかもがわ発行)

 出版社の方で,作成された帯(腰巻き)は,上手に本のことを紹介しているので,ここにそのまま引用します。
災害復興のミッション(使命・任務)は,目の前の被災者を救うこと

日本復興の原点・憲法こそ災害復興基本法だ!

ミッションを忘れた日本の役人と政治家に喝!

憲法違反とまでいわれながらも
「住宅再建の支援策」を実施した
片山善博鳥取県知事(当時・現在慶應義塾大学教授)が
「ミッション」という視点から災害復興と憲法を論じる。

若き法律家 津久井進弁護士が憲法を再発見!

どうぞよろしくお願いします。


>必要なのは専門家か?〜原爆症認定制度の見直し

1 原爆症近畿訴訟で,原告9人全員が勝訴したのが,2006年5月12日です。 (詳しくは,京都原爆訴訟支援ネットのHPをどうぞ)

 画期的な判決を得た日から,既に1年余りが経過しました。
 この1年余の間に,この9人のうち既に2人が亡くなっています。

 その後に言い渡されたものも含め全国で言い渡された6つの判決は,全て原爆症認定のあり方を批判し,国が敗訴しています。

 そうした中で,今年の原爆の日を迎えました。



>誰の目線に立って説明するか〜JR西日本

 JR西日本が,福知山線脱線事故について,事故後2年半近く経って,はじめて事故原因の説明の機会を設けた。

 関西では土・日の新聞の一面トップで報じられたが,

   ◆JRとしては,それなりに踏み込んだ
という論調がうかがわれる一方で,
   ◆被害者らからは,痛烈な批判が寄せられた
という状況が,克明にレポートされていた。

 詳しいことは,まだよく把握していないが,JRが自ら「自らの企業体質」や「ATSの設置の遅れ」などに踏み込んでいるにもかかわらず,その点が評価されないのは,

 誰の目線に立って説明しているのか,という点について,

 JRが自社の立場に固執して説明しようとしているから
 (=被害者の立場に立って物事を考えようとしていないから)

だろうと強く感じた。


津久井さん、ありがとう。

ではまた!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


★「給食に鰻やトンカツを出す方が問題だ!」・・・と羨む今日この頃

2007/08/10 07:20
ごきげんよう!

日本の片隅で「バカ!」と叫ぶから

>2007年08月09日 13時02分08秒

「給食に鰻やトンカツを出す方が問題だ!」・・・と羨む今日この頃

教師が自分のミスの“穴埋め”に児童に100円渡す

確かに“金で事を収めよう”という手法は誉められたことじゃないが、教育委員会までが目くじら立てて大騒ぎするほどのことか?
私にはこのちょっとドジな教師にはむしろ微笑ましい感じさえ覚える。
逆に、約束を破って親にチクッタ子供の器量の狭さが哀れとも・・・・・。
いや、子供のことだから器量が狭いのは「当たり前田のクラッカ〜!」だが、モンスターペアレンツ(学校に理不尽な苦情を寄せる親)が大流行の現在、真相は子供がチクッタと言うよりは器量の狭い親が勝手に騒ぎ立てただけかもしれない。
まあこれは理不尽な苦情ではないが、純粋培養だけが教育じゃないだろう?
引用記事では“口止め”としているが、“おかずに手をつけなかった事への弁償の意味で”が本当ならこれくらい許してやれよ。
まあ、仮にこの教師が私だったら・・・・・。
お金もモノも同じかもしれないが、マクドかampmあたりのデザートで口封じするかも・・・・・?
でも、それを目撃されたらやはり「特定の児童をエコヒイキしている!」とやられるのか。
知らない子供に下手に声かけたら「怪しいオジサン!」と通報されかねないことも含め、ホント、息苦しい&行き難い時代になったもんだ。


高校時代のことだが、

音楽仲間と観に行った映画館で担任が同僚教師と一緒のところに遭遇した。
勿論、同僚教師とは女性教師。

女性教師か・・・・・良い響きだ(///∇//)

さて、その場は何事も無く済んだ・・・いや、少しからかっただけなのだが・・・・・。
それまで何時もしかめ面だった担任が翌日から急変、「喉渇いただろう? 腹減っただろう?」とか言っては、部室へ差し入れしてくれる日が続いた。
断っておくが恐喝なんてしていないぞ、ことある毎に冷やかしはしたけど・・・・・。
その後ふたりは私達をも巻き込む紆余屈折の末に結婚し、20年以上経った現在でも手書きの暑中見舞いや年賀状を交わす関係だ。
まあそんな訳で、些細なことに親が一大事のバカ騒ぎするのは人生をクリープのないコーヒー・・・?
いや、人生をつまらなくするだけとは思わないか。

それでも教育上大問題と言うなら、愛人の口封じに官房機密費を使い込んだどこぞの幹事長の方が問題だろう。
ついでに、『半島や大陸の指導者はほくそ笑んでいるだろう。民主主義国が全体主義国に勝てなくなっては困る。』 と、

誤った民主主義を押し付けている“頭の悪い右巻き機関紙”も問題。
選挙を通じた「安倍辞めろ!」の民意を無視、「僕ちゃん以外の人心一新!」と言って権力の在に居座り続ける事のどこが民主主義だよ(爆笑)


最後に・・・・・。
度重なる不整脈に「これでノーサイドか・・・」との思いが頭をかすめた昨夜。
ラッキーにも今日という日を迎えることが出来たが、そろそろ本気で身辺整理のリストを作らなくてはとも思っている。
「必ず密葬にしてくれ」と記した遺書は既に用意してあるのだが、卒業写真以外に私自身の写真が無いのはやはり不味いか。
全ては彼女が逝ったあの後に燃やしてしまい、今はそれしか残っていない・・・・・。


叫ぶさん、ありがとう。
ご自愛ください。

ではまた!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


★小ネタ10題まとめて放出

2007/08/10 07:14
ごきげんよう!

津久井進の弁護士ノートから


>小ネタ10題まとめて放出

 時間がないので,溜まっている小ネタを,練らないまま10題ほど一気に放出しておきます。

1 公明党の北側一雄幹事長(大阪弁護士会所属)が,集団自衛権OKの憲法解釈変更につき「私どもは元々反対だ」と,NO!宣言をしました。

 公明党の面目躍如ですね。
 「与野党が逆転しているので、そういうことができる状況ではない」とも言いました。勢力均衡というのは良いですね。
 ついでに,有識者懇談会を正当性根拠にしようとする安倍氏の進め方も「他人の出した結論を公正であるかのごとくやろうという手法そのものが、あまりよろしくない」とコメントしてます。これも同感!


2 被災者生活再建支援法の改正について,中間報告に対するパブリックコメントを募集中です。
 今,弁護士会や,被災者支援団体を挙げて,全力で意見書作成中です。
 そんな中,民主党が,検討会の結論を待たずに支給限度額を300万円→500万
円に引き上げる被災者支援法改正案を今国会提出へ動いているとのこと
 成立するかどうかはともかく,頼もしい限りです。


3 原子力発電所の件と,耐震設計の問題について,シンポジウムを開催しようということで,ただいま準備中です。
 要領がまとまったら,あらためてご案内したいです。
 メインは,国の原子力安全委員会・耐震指針検討分科会の委員を務めたけれども、新指針の案を批判し、決定直前に委員を辞任した石橋克彦・神戸大教授(地震学)です。
 「地震は歴史的な実験」などと言っちゃった御用学者・宮健三氏とは違って,気骨ある意見が聞けそうです。
 

4 小沢一郎氏の昨日の会談は痛快でした。
 「NO!と言える日本」の実践ですね。
 日本が何でもアメリカの言うことを聞く従属国だという意識を,アメリカに改めさせる格好の機会となりました。


5 自民党内で,「非安倍陣営、集結の動き=政策転換求め3派横断」という動きがあります。
 イケメンの後藤田さんらが中心のようです。「安倍内閣の経済政策に疑問がある」というのも一つの主張のようです。
 ホント安倍内閣は,経済政策は無策ですよね。
 後藤田氏らの意見はもっともだ。


6 橋下弁護士の,光市母子殺人事件に関する活動が,過激さを増しています。
 滅多に更新されない橋下弁護士のブログに,連日の書き込みがあり,弁護士の集まりを,「カルト集団の自慰(オナニー)集会」とか「チンカス弁護士」とか,散々こき下ろしています。
 私はタレントとしての橋下さんの隠れファンですが,ひいき目に見ても,一連の経過を冷静に見つめたら,ヤメ蚊さんの意見の方が圧倒的に勝っています。


7 来週のサンテレビのニュースシグナルの当番は,裁判員制度がテーマです。
 「どんなときに裁判員を断れるか」というのがテーマのようです。
 私は裁判員制度を推進してきた立場ですが,今回は「天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾! 」のブログなどを読んで,勉強させていただきます。


8 9月9日に兵庫では「ひろげよう!9条の心」という年に1度の大イベントを実施します。
 多くの人に参加していただきたいです。
 ただいま,チケット販売,チラシ配りに汗をかいていますが,あらためてご案内しましょう。


9 私の本「災害復興とそのミッション 復興と憲法」ですが,書店にも並んでないし,インターネットなどでも買えないようです。
 まだ,出版社の販売体制が調っていなかったのでしょう。
 つい早くアナウンスし過ぎちゃいました。初モノで興奮しすぎちゃったですね。
 近しい方には私から直接お届けします(しょ,しょぼい・・・)。
 販売体制が調ったらあらためてアナウンスさせていただきます。
 応援コメントや,激励コメントを下さったみなさん!,どうもありがとうございました!


10 このブログの大黒柱ラーメンの話題(?)ですが,この間,新たなお店もいくつか開拓しました。
 近所に「ラー麺 藤平」が出店し,宣伝マンガをもらってきました。
 このマンガによると,平成5年に1号店が大阪北区豊崎オープンしたとのこと。
 当時,この1号店に出向いて「このラーメンはイケル!」と感じたことを思い出しながら,このお店の歴史よりも,私のラーメン人生の歴史を振り返って感動を覚えました(笑)。


ふぅ・・・,疲れた。


津久井さん、ありがとう。

ではまた
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


★この日に「米国の大義名分」が覆された意味を考えよう

2007/08/06 18:50
ごきげんよう!

なぜか、このサイトに接続するとエラーが出る。
feederというメッセージの意味が判らない。

日本の片隅で「バカ!」と叫ぶ
http://ameblo.jp/nakasan1960/

では、たまっていた「4連発」を!

>2007年08月06日 09時51分52秒

この日に「米国の大義名分」が覆された意味を考えよう

今年ももまた、“あの日”を思わせるような暑い朝がやって来た。
勿論、実体験が無い私が思う“あの日”とは映画や本、
修学旅行で訪れた広島平和公園や原爆資料館見学などから得た想念の世界だが、
その数分後にやってくる地獄の苦しみは実体験した方にしかわかならいだろう。
だから、私なんぞが評論家ぶって偉そうなこと言うのは「?」という気がしないでもないが、
「奇麗事」とか「昔のこと」とか言って他人事を決め込んでしまうのは、
それこそ原爆で亡くなられた方々をはじめ戦争犠牲者の方々に対する非礼だと思う。

続きはWEBサイトへ


> 2007年08月05日 10時15分04秒

米国産毒牛全面輸入解禁へ・・・戦後レジウムからの脱却はどうした?

ねずみ講と呼ばれる年金制度に続き、今度は林野庁を舞台にした国営詐欺が発覚 した。
“緑のオーナー制度”を巡り、契約1万件のうち9割以上が契約時の払込額を下回る「元本割れ」となっているという。
輸入木材に押され国産木材の価格が低迷したことをその理由に、
また、元本割れリスクの説明をしなかったことを「金融商品で無いから」と開き直っているが、
15年後の配当(伐採した木材の販売代金を配分)を謳った時点で立派な金融商品だろう?
更には“元本割れとされる”これら(木材)の販売においても疑惑が噴出している。
以下は引用記事に記されていないが、
林野庁が設定した価格と市場相場にかなりの開きがあったため入札は成立しなかったという。
で、その結果、木材の行く先の殆どが特定業者への“随意契約”だったにも関わらず、

林野庁の記録では全て“落札”扱い。
“随意契約”といえば社会保険庁職員による備品購入やパンフレット制作に関わるバックマージンが記憶に新しいが、
林野庁の場合は果たしてどうだったのか。
林道工事をはじめ公共工事を巡る数々の疑惑で自殺者まで出した組織のことだけに、
真相は「木を隠すなら森の中」になってしまうのだろうか・・・・・。

続きはWEBサイトへ


>2007年08月04日 12時37分58秒

「嘘つきは自民党のはじまり」・・・国語教科書改訂!?

“下品の横綱”と呼ばれる懲りない品行不良常習犯叩きから一変、
今度は「性格がやんちゃというなだけ・・・」とか「精神疾患・・・」だのと方向転換のメディア。
「朝青龍を虐めると地獄に落ちるぞ!」と、
太いのに細いと詐称する芸NO人御用達のインチキ占い婆にでも脅されたか?
激しいサッカーが出来るのに腰椎骨折などと偽装診断書を書く医者だが、
仮に朝青龍の精神疾患が事実なら、
他人の痛みには鈍感でも自分の痛みには超が付くほど敏感ということになる。
正に「強気を助け弱きを挫く自民党」が構築した現在の社会そのままである。
さて、その“下品の横綱”に対し、「現役最高位の自覚を・・・」と伊吹文科相が苦言 を呈した。
教育行政の長として、子供への教育上においても危機を感じた・・・のなら良いのだが。

続きはWEBサイトへ


>2007年08月03日 13時05分28秒

民主党よ “パッパラパー横峯”に鈴を付けておけ!

米ミネソタ州ミネアポリスで起きた州間高速道路橋の崩壊事故に、
阪神淡路大震災で崩壊した阪神高速道路神戸線の光景を重ね合わせた方も多いと思う。
金属疲労(気温差による金属の伸縮)が原因とも言われているが、
構造的欠陥とその後の危険性指摘にも州の予算を言い訳に対策を先延ばし したことが重なったらしい。 
「安全性に対する国民性の違いもあるが、日本の場合は考え方の面でも技術的な面でも大丈夫だ」と、
どこぞのラジオで呑気なコメンテーターとかいうアホが能書き垂れていたが、

そのような脳天気な思考はどこから生まれて来るのか?

テレビでよく見る方の発言だけに「その程度だったか・・・」と呆れるばかりだ。
絶対安全神話が崩壊した柏崎原発での損傷箇所は既に一千件を遥かに超え、
中には禁煙区域内でタバコの吸殻やガムのポイ捨ても数十件確認されているという。
また、今頃になって高速増殖原型炉もんじゅに化学消防車が無いことを白状した日本原子力研究開発機構 。
利権の巣窟である原発建設に加え人的不良債権が蔓延するこの国に、
「○○だけは安全」という例外など存在しない。
学歴詐称して技能職員に採用されるという全国規模の事件が横浜市でも露呈 したが、
私利私欲のためなら「ルールなんてクソ喰らえ!」という小役人が、
餌を運んでくるハタラキバチ(国民)の「安全」など真剣に考えるはずがない。

続きはWEBサイトへ

以上です。

ではまた!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


★1周年(津久井進の弁護士ノート)BOSO21は、1ヶ月になりました。

2007/08/06 07:40
ごきげんよう!

「注目のブログ」を巡回しました。


津久井進の弁護士ノートから

>1周年

ブログをはじめてから丸1年経ちました。

このブログを支えていただいたみなさんに感謝します。

ネットを通じて本当に多くの方々の意見に触れることができました。

たった1年で、これだけ変わってしまうのか、という社会の動きに対する驚きと、
なかなか成長しないなあと思う自分自身や、
全く改善しないなあと思う事件や物事に対する焦りも感じます。

続きは
http://tukui.blog55.fc2.com/

そのほか、気になる見出しは

>本を出しました〜「災害復興とそのミッション 復興と憲法」

>今のところベストな護憲策は民主党の政策実現

>自然災害と法律相談

>中越沖地震で日弁連が被災地入り

>沖縄を感じるために〜朗読劇「さとうきび畑の唄」

>沖縄と瀬長亀次郎

>弁当プロジェクト!〜贈与経済からの脱却

>時代の一区切りを小田実さん逝去で感じる

>新しい一夜が明けて〜改憲作業スタート

>投票することとは〜あたらしい憲法のはなし

>丸川珠代氏の「一選挙民としての思い」


津久井さん、ブログ開設1周年、おめでとうございます。
そういえば、私も2007年7月7日にブログを開設して1ヶ月になりました。
見てくれる皆さんが頼りのブログです。どうぞよろしく!


いい記事がありましたが、エラーが出てしまいました。PCに問題ありか?
こちらをご覧ください。

@日本の片隅で「バカ!」と叫ぶ
http://ameblo.jp/nakasan1960/


なにか、「インターネットエクスプローラー」の具合が悪い。
PCも危ないのか?気にかかる。

ではまた!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


★県民の声

2007/08/03 12:07
ごきげんよう!

新そのまんま日記から
http://www.zunou.jp/higashi/diary2.cgi

最新の記事です。皆さんはどんな感想をもたれましたか?

>県民の声 (2007年08月02日 23時13分)

 何とか、台風は宮崎を去ったようだ。今回も、台風の大きさの割りには、大規模な被害は出なかったようだ。まずは一安心である。
 他府県の方々は、まだまだ警戒が必要であるらしい。
 
 しかし、台風の度にこのような不安、心配、胸が張り裂けそうな思いをしなければならないのだろうか?
 この後、一体何回くらいの台風が来るのだろう? 本当に先が思いやられる。
 
 県民の声へのメール・電話等。
 激励、賞賛、提案、叱咤、クレイム、誹謗中傷・・・・・・・色々である。テレビに出過ぎというのが相変わらず幾つかある。
 全体の半分以上は訳の分からないもの、常識的に判断出来ないものが含まれている。勿論、まともな内容のもの、参考になるものもある。
 
 誹謗中傷の類は、殆ど、匿名である。きちんと住所や氏名、連絡先等を名乗って頂ければ、こちらからの意見も届けられるのに。昔、BBSを開いていた時もそうだった。自分の顔が相手に見えないと何でも言える人々。闇から石を投げるのが得意な連中である。というか、それしか出来ない輩である。正々堂々と名乗って自分の意見をぶつけられない方々である。
 
 今日の県民の声にこういうのがあった。
 巷で、僕とUMKの榎田アナが付き合っているという噂が流れているらしい。爆笑だった。有り得ない! 榎田アナって最近結婚したばかりではなかったか? 彼女と仕事以外でお会いしたことは一度も無い。
 
 こんな調子だと、馬鹿馬鹿しくて、もう県民の声(メール)をわざわざ時間をかけて読む気がしなくなって来る。県職員も丁寧に出来るだけレスするらしい。本当にご苦労様である。行政は実に様々な人々に対して対応しなければならない。でも、一つひとつしっかり、出来る限り懇切丁寧に対応するのが、我々の責務なのだろう。
 
 オーシャンドームを鰻の養殖場にしたらどうですか?とか、こういうのは中々面白い。一服の清涼剤になる。
 東京にはドックフードの冷汁があるらしい。
 これって、結構いけるかも。


以上です。

ではまた!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


★今年最大の話題作 『僕ちゃん以外 ぜ〜んぶ切腹!』(自民党配給)公開中!

2007/08/02 21:55
ごきげんよう!

本当にブログもメールも静かになった。
だが、このお方は叫びつづけている。

日本の片隅で「バカ!」と叫ぶから

>2007年08月02日 09時00分08秒

今年最大の話題作 『僕ちゃん以外 ぜ〜んぶ切腹!』(自民党配給)公開中!

テーマ:ニュース

赤城のガリガリ君がクビになった件は昨日の日記の最後でも触れたが、
「一人で考えて辞表を書いた」というのは嘘で、事実は安倍総理の前で書かされたと
いうことが判明した。
メディアによっては「辞任」としているところもあるが、
本来なら米国産毒牛輸入全面解禁を話し合うため渡米するつもりでいたというから、
「更迭」と書くのが正しい。
さて、会見の席で“真新しいスクラップブック”をちらつかせ身の潔白を証明したと
思っている赤城氏だが、
約10年分の割りに表紙が色あせていないのは不思議だ。
「赤城氏がペラペラとやる度、新鮮な糊の匂いがした」と語っていた記者もいたが、
あんな芸で国民を騙せる思っているところは実に下品だ。
「事務所費については何度も説明したのに、正しく報道されなかったのは残念。
いわゆる絆創膏の件は病気なので説明できなかった」 ・・・・・はい?
正しく報道するための領収書と内訳公開を拒否したのはオメエだろうが。
「理解出来ない側が悪い」という赤城はいったい何様のつもりか!
そして、病気だから説明出来ないというのは、闘病中の方へ対する差別発言だ。
政治家としては勿論、一人の人間としての民度の低さも物語っている。


で、“自殺させられた松岡元農水相”と同じように、
「赤城農水相はきちんと説明している」と壊れたテープレコーダを回し続けたのも安
倍総理。
「選挙への影響ではなく事務所費を巡る問題が原因だ」としているが、
「今頃やっても遅い」と身内・・・・・、
特に姫に退治された片山虎之助氏などの落選組みは安倍総理への怨念さえ抱いている
だろう。
その片山氏は今日が誕生日という。
これまでの厚顔無恥を反省する時間を与えられたことは、
人道に立ち返る為に天から送られた何よりのバースデイプレゼントかもしれない。
「当然、私にすべて責任がある。任命責任について痛感している」と、
今日も壊れたテープレコーダーを回し続ける安倍総理 。
小松左京の『日本沈没』をパロディ化した『日本以外全部沈没』という映画があった
が、
責任感じてるから『僕ちゃん以外 ぜ〜んぶ切腹!』という映画が創れそうである。


ところで、戦前回帰を主張するこの僕ちゃんが「被爆者から要望聞く会」を欠席 す
るらしい。
首相が出席しないのは小泉前首相時代の02年以降6年連続という点に驚いたが、
その小泉さんでさえ就任直後の年には出席しているのに何たる安倍総理の認識。
これでは久間氏の「原爆・・・しょうがない」を追認していると批判されても当然
だ。
もっとも、一連の閣僚不祥事にも“安倍の耳に道徳”だったのだから、
そんな不道徳者相手に怒る方が何だかアホらしくなってくる。
まあ、それだけ官邸も自民党も混乱を極めているのだろうが、
左団扇の政治屋や小役人と違い庶民生活は待った無しなのだ。
二代続けての農水相失態による農政停滞も含め、
政権担当能力が無いのなら早急にその座を明け渡すのが愛国心というものだろう。


叫ぶさん、ありがとうございました。

ではまた!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
★参議院選挙結果予想解説転記
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/02 08:53
★壊れたテープレコーダー・・・「反省すべき点は反省して」
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/01 10:29
★BOSO21のブログ比較・参院選・民主・青木愛・比例代表297034票の秘策は「あのブログ」!!
BOSO21のブログ比較 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/01 01:55
★青木愛さんのブログ(非公式)、当選後、初めて更新されました。
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/31 19:26
★敗軍の将、「総理辞めろ!」の空気読めず・・・ああ言えば珍三
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/31 18:59
★青木愛・インターネットを活用した政治活動の大勝利!その考察
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/31 18:50
★昨日、こっちに移り住んで、そして人妻になって初めて選挙に行ってきたよ!
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/31 18:20
★BOSO21の注目のブログ、おおむね選挙モードから通常モードに戻ってますね。
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/31 18:11
★明日に架ける橋
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/31 17:57
★注目のブログに選挙雑感が次々アップされている。
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/30 09:14
★参院選野党勝利の途中経過 【らんきーブログ第一部完・を迎えて(笑)】
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/30 04:35
★「ネット世論」の怒りを肌で感じていました。
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/07/30 02:30
★投票すること〜あたらしい憲法のはなし
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/29 00:38
★丸川珠代氏の「一選挙民としての思い」
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/29 00:37
★新しい時代のブログと公職選挙法
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/28 14:49
★「全ては国民が悪い!」という厚顔無恥を落とすのも投票です
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/07/28 13:36
★長生きを喜べない“美しくない国”・・・奴隷辞めます?人間辞めます?
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/28 07:34
★年金問題〜社会保険職員OBが語る真実
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/28 00:50
★現職閣僚めがけ東京地検が臨戦態勢
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 21:46
★“日本版エリア51”の隠蔽に忙しい柏崎刈羽原発!?
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 21:33
★参院選後は、恥ずかしくて、そこにいられないくらいの惨敗をプレゼントしてあげよう!
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 21:30
★森、小泉以降、安倍政権にSTOP! 与党にNO!でまともな日本に!
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 21:28
★究極の公選法=投票させない作戦=特別の事情って何?=安倍んちの事情やね
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 21:25
★自公党など無い!与党共闘は危険な共闘!
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 21:21
★山口県選挙区に注目する!
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 19:08
★選挙を制限する発想はオカシイぞ
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 19:06
★河合隼雄と「心のノート」と愛国心
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 19:04
★目の前で一つのブログが消された!
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 19:02
★緊急事態!〜ブログの検閲の始まり 〆切は明日
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 19:00
★エンジョイ選挙〜気の毒なのは自衛隊員
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 18:58
★新しい時代のブログと公職選挙法
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 18:55
★安倍首相周辺が北と密約か 参院選直前に拉致被害者を帰国させる?(再掲載)
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 14:02
★公明党支配が続く(牧太郎ブログ)
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 13:52
★アベ内閣のラスト・メールマガジン
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 10:36
★注目のブログから
ごきげんよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/26 23:51

トップへ | みんなの「注目のブログから」ブログ

ニュースなブログ「BOSO21・茶の間の正義」 注目のブログからのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる